Project Sunshine for Japan
Posters, Stories and Poems about Fukushima
フクシマについてのポスター、文集、詩

This book is dedicated to the victims of the earthquake, tsunami and nuclear reactor disaster in Fukushima 2011. As the first reports of the suffering experienced by the victims in Japan were received, Mansoureh Rahnama in Germany used her initiative to found Project Sunshine for Japan, launching an international poster competition, in which approximately 400 designers from 40 countries participated. This book presents for the first time all of the 100 best posters, chosen by an international jury of renowned designers. The images are supplemented by numerous contributions by authors from 15 countries –printed here in a total of 12 languages –and their English translations. The texts range from poems, short stories, works of fiction and descriptions of events, to factual pieces and initial reactions from the scientific world. The different perspectives discussed are divided into four chapters: Faith, Disaster, Reflection and Continuance.

この本をフクシマの地震、津波と原発事故の犠牲者の方々に捧げる。 日本から、被災者の苦しみを伝える最初のニュースが届いた時、ドイツ在住のマンスーレー・ラーナマは、彼女のイニシアチブで、プロジェクトサンシャイン・フォー・ジャパンを立ち上げた。そして国際ポスターコンクールを呼びかけ、40ヶ国からおよそ400人のデザイナーの参加を得た。 この本は、 有名なデザイナー からなる国際的審査員団によって選ばれた100点の入賞ポスター全点と、 15ヶ国・トータルで12ヶ国語に上る多くの著作者の作品及びその英訳を今回初めて発表するものである。作品の範囲は詩、短編小説、フィクション、イベントの説明、事実や自然科学分野からの初の現状報告等多岐に亘っている。さまざまな視点の違いはこの本の中で次の4章、Faith (信頼)、Disaster (破壊)、Reflection (考察)、 Continuance (継続) に分けられている。

psj-cover_grossPublisher of the book is Verlag Gunnar Kettler

ISBN: 978-3-86206-219-5